20代の妊娠はダウン症のリスクが低めです

近年は晩婚化により女性の第一子の出産年齢も高くなっています。
女性は30代を過ぎると妊娠する確率は徐々に下がっていき、35歳を超えると更に低くなります。
また妊娠できたとしても高齢出産はダウン症等の障害を持った子が生まれる確率が20代での妊娠に比べるととても高くなると言われています。
原因としては様々な事が挙げられますが、卵子の劣化によるものが大きいとも言われています。
ダウン症は腹部からのエコーによる首の後ろ側の厚みを計測したり、羊水の量の計測等で発見に繋がる事も多いですが、出生前診断や様々な検査により調べる事も可能です。
まずは血液検査において可能性が高いと出た場合に羊水穿刺を行うカップルも多いでしょう。
ただ、この羊水穿刺には気を付けなくてはならない特徴があります。
お腹に針を刺して羊水を採取する方法の為、破水してしまうリスクや流産に繋がってしまうかもしれないというリスクがあります。
結果的に障害がないとわかっても流産してしまうというリスクがあるのです。
どんなに外見が若く美しく、体を適度に鍛えて健康を保っていたとしても卵子の老化は止める事ができないと言われています。
結婚後も働く女性が増えており、タイミングが難しいと考えている方は多いと思います。
ですがいつかは子供が欲しいと考えているならば、上記の事はしっかりと頭に入れておいて定期的に婦人科等で自分体をチェックをしてもらう事も大切だと言えるでしょう。