妊娠と喫煙にはダウン症の確率が

ダウン症となる原因は精子、卵子ができるときに起きる偶発的な分裂異常や、受精卵の発育初期の偶発的な分裂異常です。それは妊娠初期の段階でお腹にいる子供、胎児がその先天性疾患であるか決まってしまうのです。妊娠中に喫煙をしていたからなるものではありません。しかし、妊娠をする以前に喫煙をしていると、非喫煙者に比べてその確率は2倍以上にリスクがあがると報告されています。お腹にいる子どもがダウン症であるかないかの検査はあります。胎児がかなり大きくなる後期にエコー検査で、特徴がわかる場合もあります。それは、赤ちゃんが一般的より小さいとか、手足が短いとか、指の関節が足りないなどです。先天性疾患の1つである疾患が近年増えてきています。その原因と言われているものに卵子の質の低下があります。卵子の質の低下に大きく影響しているのが葉酸の不足があります。細胞分裂を助ける働きを持つ葉酸です。ダウン症は染色体異常による疾患で、それを100%予防することはできません。でも、卵子の質を保つことで一定の予防が可能となるのです。そこで、染色体異常の赤ちゃんとなるリスクを低減する方法として、可能性があるということを海外で発表されたのです。染色体異常による疾患と神経管閉鎖障害には関係性があるということが分かったのです。先天的な疾患で主なものには無能症や二分脊椎がありますが、それの発症が減少するのと同様に染色体異常による先天性疾患を減らすのに有効と言われる栄養素を摂る事が大切と言われています。